編むがま口キット / 水玉
58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e 58a6631c00d331c29800521e

編むがま口キット / 水玉

¥2,916 税込

送料についてはこちら

  • a.紫×からし

  • b.黄色×白

  • c.白×白

  • d.オレンジ×グレー

  • e.赤×赤

  • f.青×白

  • g.グレー×白

  • h.ピンク×黄色

  • g.ベージュ(麻の色)×赤

  • g.ベージュ(麻の色)×黒

水玉好きが高じて作ってしまいました。縫うガマ口キットに続き、編む水玉のガマ口キットです。 本体をかぎ針で編み、途中、別糸で水玉を編み入れます。以前の編むがま口よりも若干一回り大きいサイズです。地味に地道に編む面積が増えますが、一週間の中に日曜日があるように、マラソンコースに給水所があるように、いい頃合いに水玉が出てきます。水玉の部分は少しふっくらとした粒状に仕上がります。 口金は縫い付けるタイプですので、本体を仕立ててから、針と糸で一針一針縫い付けていきます。裏地を付けることで、収納するものの幅も広がります。キットには裏地用の布も含まれています。(デザイン:大久保晴江) a.紫×からし b.黄色×白 c.白×白 d.オレンジ×グレー e.赤×赤 f.青×白 g.グレー×白 h.ピンク×黄色 g.ベージュ(麻の色)×赤 i.ベージュ(麻の色)×黒 ベースの色と水玉の色の組み合わせは無限大で、ついつい沢山作ってしまいました。小さな生地見本で見難い点もあるかと思いますが、どの色合わせも作る喜び、使う楽しみをもたらしてくれると思っています。 ●キット内容 糸2種類(どちらもリネンの糸)、裏地用布(リネン) 口金、作り方 ●仕上がり寸法 幅:10cm(口金部分)、12cm前後(本体一番広い部分) 高さ:10cm前後(開き部分から底辺まで)